玉蘭の過ごし方(飛車編)

LINEで送る

「俺はな、優雅に飛んでる鳥が落っこちたりするのを見て溜飲を下げるよりも、絶対飛ばないような牛が空飛ぶのを眺めて、爆笑するほうが好きなんだ。

今日の話題は「飛車編」!
将棋の話ではなく、リアルに飛ぶ車の話です。

以前、旧らくがきでも取り上げたことがありましたが、今回はその続編みたいな感じです。
あれから様々なメーカーが「空飛ぶ自動車」を開発しているとの事なので、どんなのか色々検索してみました。

オランダの企業PAl-V社「PAL-V Flying Car」
自動車とジャイロコプターが合体したようなタイプで、地上では翼を折りたたんで
スポーツカーとして走行するとの事。
予定では2014年に販売が開始されるとの事です。

アメリカ・マサチューセッツ州の企業Terrafugia社「Transition」
ニューヨーク国際オートショーで披露されたというこの車は、合法的に道路を派走れる車でもあるそうで。
2013年から販売予定との事です。

ちなみに、日本でも開発していたところがあったそうなのですが。
資金のめどがつかず10年近く休止しているため、研究開発を本年度で断念することが決定したそうです。
それがこの小型飛行機と自動車を合体させた空飛ぶ自動車「ミラクルビークル」

(画像はかがみははら航空宇宙科学博物館より)
実用化に意欲のある方へノウハウを教えますとの事ですので、興味のある方は岐阜県の商工会議所に問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

私は普通免許所持者ですが、自動車は持ってないんですよ。
なので、空飛ぶ自動車が一般化されたら、懸賞で当てに行きたいと思います!(コラ。

★今日の一冊★
伊坂幸太郎著
「あるキング」
(徳間書店)

★次回予告★
玉蘭の過ごし方(赤子編)、近日公開予定。